太陽熱発電って何?

太陽熱発電とは太陽の光をレンズや反射板を使って太陽炉に集めることで熱源として利用する発電方法のことです。
太陽光がエネルギー源であるため、大要がある限り資源の枯渇はない再生可能なエネルギーを利用したの発電方法でもあります。
発電の仕組み自体は、「火力発電」と同様であり、熱により、水を蒸発させ、蒸気タービンを回して発電します。

しかし、火力発電は化石燃料などを燃やすのに対し、太陽光発電は燃料を用いないので、二酸化炭素などの温室効果ガス(Greenhouse Effect Gas, GEG)を排出を排出しません。燃料費が不要であるため運転にかかるコストを低く抑えられ、有毒ガスの発生や燃料費高騰によるコスト上昇のリスクも考えなくて良い。

発電方式には以下の方式があります。

■タワー式太陽熱発電
平面鏡を利用し、中央部に設置されたタワーにある集熱器に太陽光を局所的に集中させ、その熱で発電する発電方式。
中央タワー方式、集中方式などとも呼ばれることもある。数メートル四方の鏡で集めるものから、大規模なものでは数百枚から数千枚の鏡を用いて集められた太陽光を一箇所に集中させることが可能なので、最高1000℃程度まで加熱することもできる。
■トラフ式太陽熱発電
曲面鏡を利用し、パイプに太陽光を集中させることにより、パイプ内を流れる液体を加熱させる。この液体の熱で発電する方式。パラボリック・トラフ方式、分散方式などともいう。
■ディッシュ式太陽熱発電
放物曲面状の鏡を利用し、スターリングエンジンなどに太陽光を集中させることにより発電する方式。パラボラアンテナと同様。ディッシュ・スターリング方式などとも呼ばれる。
太陽熱発電はアメリカやオーストラリアや中国やサウジアラビアなどの乾燥した広大な土地がある国に適している。
適した陸地が限られ、利用上の競合が多い日本では困難だが、海上に建設する方式に関しては不利ではない。
太陽光発電一括見積

ソーラーパネル最新事情

人気サイト