太陽熱発電のメリットって?

TOPページでも説明しましたが、太陽熱発電とは太陽を熱源として利用する発電方法です。
火力発電とは違い、酸化炭素などの温室効果ガス(Greenhouse Effect Gas, GEG)を排出せず環境に良い。
燃料費が不要であるため運転にかかるコストを低く抑えられる。

太陽エネルギーは、エネルギー量が膨大で、環境汚染のないクリーンなエネルギーであり、詳細を期待されているエネルギーの一つです。太陽エネルギーの利用方法は、太陽光発電、太陽熱冷暖房、太陽熱発電や給湯などがありますが、太陽熱発電による発電も将来有望な方法の一つです。
主に集光集熱部、熱伝達系、蓄熱・熱交換器、発電部で構成され、集光器で集めた太陽エネルギーで蒸気を発生させることにより発電を行うものです。
太陽エネルギーは、密度が薄く(低く)、日射量は季節や気候などに強く影響されます。これらの欠点を克服するため、パイロットプラントによる研究開発、太陽熱を発電と熱供給の両方に利用する熱・電気複合システムの原型実験施設による研究開発が行われている最中です。
各国でも開発が進んでおり、日射条件の良い地域では実用化され商業発電を行っている例もあります。

太陽エネルギーが直接あるいは間接的に人類に与える影響は計り知れないものがあります。太陽エネルギーは、地域的に偏在せず、全地球上に注がれ、エネルギー量は膨大なものであり、環境汚染のないクリーンな枯渇することのないエネルギー源であることはいうまでもないでしょう。

しかし、太陽エネルギーの密度は低く、天候・時間に左右されるエネルギー源であることが現在の課題で、従来のエネルギー源に比べて極めて供給不安定な要素があります。太陽エネルギーを有効に活用するためには、上記の特性を十分に認識し、用途に応じた適切な利用技術を開発する必要があります。
太陽エネルギーの利用方法には、太陽光発電による電力生産、太陽熱発電による電力生産、太陽熱冷暖房および給湯等があるのでこのいいところを組み合わせていく必要があるでしょう。

太陽光発電一括見積

ソーラーパネル最新事情

人気サイト